ウェディングドレスのデザイン

こんばんは

Renaです。

 

一生に一度の晴れの舞台。

ドレス選びは、沢山迷われますよね・・。

 

そこで今日は、ウェディングドレスのラインについて

ご紹介したいと思います。

 

■Aライン

ウエストの位置が高く、上半身から裾にかけて広がっていくシルエットが、

Aの形にみえることが名前の由来だそうです。

シンプルかつ上品なシルエットで、様々な年代から高い人気があります。

ウエストの切り替えがないので身長が高く見える効果あり♥

 

■プリンセスライン

ウエストでラインの切り替えがあり、スカート部分が裾に向かって大きくふくらんだデザインの、正統派デザイン。

ディズニープリンセスが着ているようなドレスは、

このラインのドレスです。

華やかで可愛らしい印象をもたせることができます。

ドレス自体にボリューム感があって、遠くからもラインがしっかりと見えるため、

ドレス姿が映えること間違いなしです

 

■マーメイドライン

人魚のように、上半身から腰までは身体にぴったりとフィットし、

裾へむけての部分は人魚の尾びれのように広がっているデザイン。

女性らしい身体のラインがしっかりとでて自然でしなやかな曲線美を見せることができます。

長身の花嫁さんは、そのスタイルを活かすにはうってつけのドレスです♡

 

■エンパイアライン

ウェディングドレスの多くがウエスト切り替えのデザインですが、

エンパイアラインは胸下からの切り替えでナチュラルなイメージ。

年齢を問わず着られるデザインと言えます。

スタイルアップを目指したい花嫁さんにぴったりのドレスとなっています。

 

■スレンダー

身体のラインが強調される細身のデザインなことから、スタイリッシュで大人の雰囲気を醸し出せます。

その細いシルエットから「ペンシルライン」とも呼ばれ、全体的にすっきりとした印象を与えてくれます。

また、裾さばきが楽で小回りがきくため、会場を選ばずに着ることができるのもポイント!

 

いかがでしょうか。

お気に入りのラインは見つかりましたでしょうか。

 

会場や、式のスタイルにあわせてぴったりなドレスを

見つけてくださいね。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

Rena