ご見学・お問い合わせ
お電話でのお問合せはこちらから TEL:0120-210-510 営業時間:10:00~21:00
ご見学・フェアのご予約ご見学・フェアのご予約
ご質問・お問い合せ

Yukinaga&Keiko ウェディングレポートYukinaga&Keiko ウェディングレポート

おふたりのウェディングコンセプト CONCEPT

「絆」を大切にしたウェディングパーティー

「絆」を大切にしたウェディングパーティー

ご家族、ご親族そして、ご友人との絆をとても大切にしていらっしゃるおふたり。「今までのありがとう」と「これからもよろしくお願いします」の気持ちを、どのように挙式や披露宴で表現するかを考えました。お花から音楽まで、お好きなものと愛であふれたパーティーとなりました。

コンセプトづくりのポイント

コンセプトづくりのポイント

○おふたりの大切にしている家族、友人の絆をどのように「おもてなし」に表すか ○新郎のクラシカルな衣装に合わせて、会場装花は新婦の大好きなかすみ草で埋め尽くす ○パーティーの演出として、おふたりの大切な方にたくさん登場していただく

○おふたりの大切にしている家族、友人の絆をどのように「おもてなし」に表すか
○新郎のクラシカルな衣装に合わせて、会場装花は新婦の大好きなかすみ草で埋め尽くす
○パーティーの演出として、おふたりの大切な方にたくさん登場していただく

披露宴当日の様子

披露宴当日の様子

おふたりが選ばれたのは、ゲストに誓いを立てる人前式。 クリスタルがきらめく中、幼少からの記録映像をバックに流し、 感謝の気持ちを表現。 バージンロードを今までの思い出と共に歩き、 新婦のお父様から新郎へ愛のバトンタッチをされました。

おふたりが選ばれたのは、ゲストに誓いを立てる人前式。 クリスタルがきらめく中、幼少からの記録映像をバックに流し、 感謝の気持ちを表現。 バージンロードを今までの思い出と共に歩き、 新婦のお父様から新郎へ愛のバトンタッチをされました。

誓いの言葉、指輪の交換などを行い、結婚証明書に署名。 結婚証明書の立会人代表サインは、 おふたりの愛のキューピッドとなったご友人夫妻。 またひとつ、大切な絆が増えた瞬間でした。

誓いの言葉、指輪の交換などを行い、結婚証明書に署名。 結婚証明書の立会人代表サインは、 おふたりの愛のキューピッドとなったご友人夫妻。 またひとつ、大切な絆が増えた瞬間でした。

披露宴はヴェールを外し、 カスミソウのヘッドドレスをつけてスタート。 挙式と披露宴の間も、ゆっくり時間を取ることができました。 披露宴では、遠方から駆けつけてくださった 新婦の大好きなおじい様もおふたりを祝福。 そして、素敵な短歌に想いを込めた、 ご挨拶をしてくださいました。

披露宴はヴェールを外し、 カスミソウのヘッドドレスをつけてスタート。 挙式と披露宴の間も、ゆっくり時間を取ることができました。 披露宴では、遠方から駆けつけてくださった 新婦の大好きなおじい様もおふたりを祝福。 そして、素敵な短歌に想いを込めた、 ご挨拶をしてくださいました。

そして中座では、おばあ様がご登場。 久しぶりに手をつないで、歩くことができました。 また、たくさんのゲストの方々に参加して頂けるように、 パーティーでは演出を工夫をしました。

そして中座では、おばあ様がご登場。 久しぶりに手をつないで、歩くことができました。 また、たくさんのゲストの方々に参加して頂けるように、 パーティーでは演出を工夫をしました。

おふたりは、衣装、お花と細部にまで こだわりを持っていらっしゃいました。 会場のコーディネートは、新郎がご自身でご購入された クラシカルなスーツに合わせた空間演出をご提案。 また、新婦ご希望のカスミソウで会場を埋め尽くしながら、 テーブルや会場のアクセントには、ビンテージ感のある 小物を使用。新婦のお色直しにはドレスの雰囲気に合わせ、 ドライフラワーのブーケをご用意しました。

おふたりは、衣装、お花と細部にまで こだわりを持っていらっしゃいました。 会場のコーディネートは、新郎がご自身でご購入された クラシカルなスーツに合わせた空間演出をご提案。 また、新婦ご希望のカスミソウで会場を埋め尽くしながら、 テーブルや会場のアクセントには、ビンテージ感のある 小物を使用。新婦のお色直しにはドレスの雰囲気に合わせ、 ドライフラワーのブーケをご用意しました。

専属のウェディングプランナーが、 フラワーアーティストと打ち合わせをし、ご要望をふまえ、 衣装を際立たせるコーディネートを実現させました。

専属のウェディングプランナーが、 フラワーアーティストと打ち合わせをし、ご要望をふまえ、 衣装を際立たせるコーディネートを実現させました。

コースメニュー

コースメニュー

お子様には、エビフライやハンバーグを載せたお子様プレートを、ご年配の方には、お肉を食べやすくカットし、幅広い年齢層の方が楽しめるお食事としました。

STANDARD COURSE
THE OPENING
帆立とマスカルポーネチーズのパイ仕立て
THE FIRST
寒ブリのカルパッチョ ドライトマトのヴィネグレット
THE SECOND
金時にんじんのポタージュ クリーミーなムースと
THE THIRD
三重県産 真鯛のソテー 白ワインソース
THE MAIN
日高見牛ヒレ肉のロースト クリーミーマッシュポテトと熟成マデラ酒ソース
THE FINAL
ピスタチオのアイスクリームとウェディングケーキ
WINE
イタリア産 エクスクルーシヴワイン ラ・ヴィ・デル・サンジョヴェーゼ
帆立とマスカルポーネチーズのパイ仕立ての写真

帆立とマスカルポーネチーズのパイ仕立て

寒ブリのカルパッチョ ドライトマトのヴィネグレットの写真

寒ブリのカルパッチョ
ドライトマトのヴィネグレット

日高見牛ヒレ肉のロースト クリーミーマッシュポテトと熟成マデラ酒ソースの写真

日高見牛ヒレ肉のロースト
クリーミーマッシュポテトと熟成マデラ酒ソース

オリジナルメニュー

オリジナルメニュー

記念のウェディングケーキは、季節のフルーツをふんだんに使い、鮮やかな彩りを生かしたデコレーション。
ファーストバイトの際には、それぞれのご両親にも甘い新婚時代を思い出してほしい、というサプライズのもと、新郎新婦と同時に、全員でケーキを食べて頂きました。

原点となった場所に戻り、新しい1ページを

原点となった場所に戻り、新しい1ページを

絆を大切にするおふたりは、ご両親への感謝と、これからのご挨拶の気持ちを込めて、三連の木時計をプレゼント。一枚板から作られた時計は、新たな家族の間で同じ時を刻み始めます。

最後は、リアルタイムで撮影したパーティー映像に、ゲスト一人ひとりへのメッセージを添えたエンドロールを上映されたおふたり。後に落ち着いてからご覧になられて、当日を思い出し再び涙されたとか。「やっぱりここでパーティーをやってよかった!」というお言葉を頂きました。

また、当日たくさん使ったお花たちはゲストにお配りしましたが、お配りしきれなかったお花はドライフラワーにし、時計と一緒にお家に飾っていると伺っています。

ご来店、ご予約はこちらから

ご来店、ご予約は
こちらから

0120-210-510 受付時間:10:00~21:00

0120-210-510

受付時間:10:00~21:00

ご見学・フェア予約ご見学・フェア予約 ご質問・お問い合わせ

ご予約の際には、「ホームページを見た」とお伝え頂くとご案内がスムーズです。